住まいの情報 ● 百・家・争・鳴

防犯に強い住まいづくり
〜一戸建ての防犯性を考える〜

マヌ都市建築研究所 主任研究員 亀山 恒夫

今回は一戸建て住宅を中心に侵入等に対する防犯についてお話ししたいと思います。

一戸建て住宅の侵入窃盗

まず、一戸建て住宅の侵入窃盗の状況を見てみましょう。
警察庁の統計情報によれば、「住宅への侵入窃盗」はこの3年間減り続けています。平成18年中は123,000件余りの侵入窃盗が発生(認知件数)しました。このうち、約73,000件を一戸建て住宅が占めています。多いようにも見えますが、全国の住宅の種類別戸数と比べると、千戸あたりの侵入窃盗では、平均より僅かに多い程度です。むしろ3階建て以下の共同住宅への侵入窃盗がとても高いことが分かります。(調査年と調査方法が異なるのであくまで参考値としてご覧ください。)

【全国の住宅戸数と住宅への侵入窃盗の発生場所別認知件数】
  総数 一戸建て 3階建て以下の
共同住宅
4階建て以上の
共同住宅
住宅戸数 4686万戸 2649万戸 960万戸 1061万戸
侵入窃盗の認知件数 123,403件 73,155件 33,372件 16,876件
千戸あたりの認知件数 2.6件 2.8件 3.5件 1.6件

※ 住宅戸数:「平成15年住宅・土地統計調査確報集計結果」総務省統計局より。3階建て以下の共同住宅は長屋建てを含む。
※ 侵入窃盗の認知件数:「平成18年の犯罪情勢」警察庁より

一戸建て住宅の侵入手段

次に、家のどこからどのように侵入されているのかを見てみたいと思います。
再び警視庁(平成19年上半期)のデータ
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/seian/ppiking/ppiking.htm)を参考にします。
一戸建て住宅への侵入で最も多いのが窓や玄関のガラスの一部を割り、クレセントなどを狙って侵入する「ガラス破り」によるものです。その次に多いのが鍵をかけていない窓や扉から侵入する「無締まり」によるものです。この両方をあわせると9割以上を占めています。

【一戸建て住宅侵入の手段】

【クレセントを狙ったガラス破り】

では、具体的にはどの窓や扉が狙われているのでしょうか。これまでは庭などに面している1階の掃き出し窓や道路などからの見えにくい窓や勝手口が狙われやすいと言われてきました。
最近これを裏付ける調査結果 (http://www.asahi-kasei.co.jp/hebel/longlife/data/2006/index.html)が明らかにされました。
この調査によれば、侵入口は9割以上が1階の窓や扉で、そのほとんどが窓と勝手口となっています。玄関からの侵入は僅か2.2%です。窓についてもクレセント部に手が届きやすく、侵入しやすい高さの窓が狙われていることが明らかにされています。また、侵入口の多くが、道路に面していない家の裏面や側面にある窓や扉であることが分かりました。

侵入に対する防犯の考え方

それでは、侵入の実態をおおよそつかんだところで、具体的な防犯対策について考えてみましょう。
前回ご紹介したルーティンアクティビティ理論では、犯罪が発生する状況として「犯行企図者(犯罪を起こそうとする者)」と「狙われる標的」がいて、現場を見守る「監視者」がいないことがあげられています。これを住宅への侵入に置き換えると、「ドロボウ」と「狙われる家」があって、「家を見守ってくれる人」がいないと侵入犯罪が起きやすいことになります。
 「防犯環境設計」はこれに対して、家を見守りやすく、狙われにくくするため、「監視性」と「領域性」を高め、家への「接近を制御し」、そして「対象(狙われる家)」を侵入に強くすることで、侵入犯罪がおきやすい状況を改善しようとするものです。

【防犯環境設計の手法】

一戸建て住宅での防犯対策

「監視性を高める」とは、家や侵入口となる窓が道路などから見えやすい(見守りやすい)ようにして、ドロボウに人目や人の気配を感じさせる環境をつくることです。  「玄関」は、道路から見えやすい場所にあることが多く、周りからの監視性は高いと言えます。一方、勝手口や庭に向いている掃き出し窓などは見えにくい場所にあることがよくあります。高い塀や鬱蒼と茂った生け垣や庭木では家の周りの様子が全く見えず、監視性は低くなってしまいます。塀を見通しのきくフェンスに替えたり、生け垣などを剪定するなどして、見通しを良くすることで監視性は高まります。また、人が近づくと点灯するセンサライトや警報音が鳴るブザーなどを設ける方法も考えられます。

「領域性を高める」とは、家や敷地周りを日頃から手入れすることで、ドロボウにその家の人の気配を感じさせる環境をつくることです。
 ドロボウは侵入する前に必ず下見をすると言われています。ドロボウもわざわざ捕まりやすいところには入らないでしょうから、まず侵入しやすい家であるかどうか、侵入する時に人に見られないかどうかを確認します。郵便受けにチラシ等がたまっている、落書きが長い間消されずに残っている、壊れた自転車が窓のそばに置きっぱなしになっているなどすると、周囲にあまり気を配っていないことをドロボウに示すことになります。家の周囲の清掃や庭木や鉢植えの手入れをすることも領域性を高めることになります。

「接近を制御する」とは、家や敷地内に特定の経路以外からは簡単に近づけないような環境を作ることです。
 人目につかない敷地の裏や脇から簡単に出入りできる状況ではドロボウが侵入口まで簡単に近づくことができてしまいます。玄関に至る経路以外に簡単に出入りできるところがないかどうか日頃から注意し、足場となるものを取り除くなど不要な経路はなくすようにします。見落としやすいのが隣地の状況です。隣地が駐車場や空き地、公園など、人目につきにくい場所である場合、簡単に家に近づくことができてしまいます。また、2階からの侵入は少ないですが、敷地境の塀や雨樋などを足場にして2階の窓やベランダなどに簡単に近づくことができる場合は、むしろ人目につきにくい2階からの侵入の可能性が高まります。

「対象を強化する」とは、住宅内への侵入を物理的に防ぐまたは遅らせる環境をつくることです。
 対策としては最も分かりやすいもので、例えば、玄関などの錠を侵入に強いものにする、窓ガラスを防犯ガラスに取り替える、窓や扉に補助錠を取り付けることなどがあげられます。このとき注意したいのは、侵入に弱い場所を優先的に対処することです。玄関に頑丈な扉、強い錠、二重ロックを設ける人は多いですが、同じように人が出入りする勝手口にも同等の強さの扉を取り付ける人は意外に少ないようです。頻繁に使うために施錠をしていなかったり、通風のためにルーバーのついた扉を使用していたり、あるいは室内用の円筒錠をつけていたりします。人目のつきにくい場所で防犯性の低い窓や扉を設けていては、いくら玄関を強化しても意味がありません。

住宅への侵入に対する地域や自宅の状況を確認し、自宅の弱点を把握し、防犯環境設計の4つの原則をバランスよく取り入れた対策を施すことが大切です。
 皆さんのお住まいはいかがですか。

 次回は、共同住宅の防犯についてお話ししたいと思います。

【かめやま・つねお 】

マヌ都市建築研究所 主任研究員

千葉大学工学部建築学科卒業、同大学院修士課程修了。 住宅政策に関わる一連の業務や、既成市街地のまちづくりに関わる業務、景観・街並み形成に関わる業務、防犯・防災まちづくり、防災計画に関わる業務などを主に担当。共著書「ドイツのまちづくりNPO」など。