• ホーム  >  
  • 住まいの情報(百・家・争・鳴)

住まいの情報 ● 百・家・争・鳴

ライフサイクルに合わせた住まいづくり 〜中古マンションのリノベーション〜

一級建築士 鈴木香織

鈴木香織

最近、お客様から中古のマンションを利用したリノベーションのご相談を受けることが増えてきました。
 雑誌やネットでも中古マンションを美しくリノベーションした空間がずいぶんと取り上げられるようになってきたようです。30年程といわれる耐久年数の木造住宅と比べ鉄筋コンクリート造のマンションは理論値では100年以上もの耐久年数を持ち、現在たくさんのストック住戸が流通しています。
 新築に比べ金額が抑えられるという理由はもちろんのこと、住環境を優先して物件探しをしたり、環境への配慮、好きな間取りにしたい、といったソフト面での選択が人気の理由に思います。

新築の建売住宅やマンションは立地条件などから一定の居住者像をつくり、その人達に購入してもらえるようプランニングをしますが、実際の居住者のニーズはもっと多様で、更にライフサイクルによって住まい方は変化していきます。自分らしさを感じる住宅を気軽に実現したい若い世代。30〜40代に一般的な間取りのマンションを購入したが、家族の構成も変わり使い勝手が変化したので心機一転リフレッシュして老後に備えたいシニアの方。様々な要望に細かく対応出来るリノベーションは「家づくり=新築」以外の選択肢として今まで以上に認識されていくのではないでしょうか。

今回は住み慣れた3LDKのマンションを老後に備えてリノベーションした事例をご紹介しながら、ライフサイクルと住まいづくりについて考えていきたいと思います。

リノベーション事例

ベットタウンにある一般的な間取りのマンションを30年ほど前に購入。家族4人で住んでいたのですが、現在は70代のお母様と40代息子さんの二人暮らしです。今の生活に必要なくなった30年間で溜まったものを整理、処分し、風通しを良くし、動線を整理してすっきりくらしたい。人が集まった時にくつろいでもらいたい等が主なご要望でした。

  • before 製図
    before
  • after 製図
    after

やはり、一般的な3LDKのプランでは部屋数を取ろうとするあまり、南北の風が通りません。まずはこれを解消し、出来るかぎり真っすぐに移動出来るよう動線を整理し、プランを詰めていきました。
 使わなくなった子供部屋などの個室はもしかしたら使うかも?とそのままで納戸化してしまうよりも思い切ってワンルーム化すると風通しも良くなり、工事を機に不要品の片付けも出来て、家も心もすっきりです。

  • before 和室
    before 和室
  • after リビング(元和室)
    after リビング(元和室)

使っていなかった南側和室は残念なことにほぼ納戸になっていました。
 1,物をつい置いてしまう 2,居心地が悪くなる 3,納戸化、、、という悪循環です。この状況、新築マンションの北側サービスルームでもよく見られます。住戸の床面積は広いのになぜか狭苦しくなってしまうのは部屋数を増やそうと無理矢理プランニングする為だと思うのですが。。。余談はさておき今回は元のリビングダイニングとつなげて広々としたスペースを確保しました。これでたくさんお客様も呼べます。将来車いすや介護ベットを入れることになっても対応出来るスペースです。

  • before キッチン
    before キッチン
  • after キッチン
    after キッチン

個室タイプだったキッチンは、定年後家でゆっくり料理が出来るようになったお母様が一番良い景色を見ながら料理出来るようセミオープンにしました。通路巾を大きめに取って動きやすくしました。
 食器洗浄機は普段の使用人数が少ないのであえて入れておらず、ホームパーティ時はカウンターを利用にてゲストといっしょに会話を楽しみながら片付けます。その予算+αでリビングに床暖房を入れました。
 リフォームでは、とかく設備を最新の物に、というご要望が多いのですが自分のライフスタイルに合わせて何が必要かを見極めると無駄になりませんし、吟味した設備は使いこなせることが多いようです。
 毎日使うかどうか?無くても特に困らないか?を真剣に考えると必要なものが見えてきます。工事後導入するのは面倒だからとりあえず念のためと導入すると使いこなせず、管理をするのも大変です。

  • before 玄関
    before 玄関
  • after 玄関
    after 玄関

狭くて、収納も少なめだった玄関を、たっぷり収納出来る天井までの靴入れを作り、整理しました。
土間部分も広くとり、靴の脱ぎ履きを楽に出来るようにしました。

after 収納
after 収納

収納は一目で見渡せるような収納庫置き場を確保。既製品を設置する予定です。作り込みを減らすことでコストダウンを図りました。

after トイレ
after トイレ

トイレは動きやすくする為に仕切りを取り去り、手摺もいかにも「バリアフリー」ではなく、さりげなくインテリアに合わせて木製の物としました。

  • before リビング
    before リビング
  • after リビング
    after リビング

いわゆる、老後に備えるためのリノベーションでしたが、結果的には今までの生活の整理整頓と、お母様が憧れていたスタイルを実現し、ゆったりとした時を過ごせる居場所をつくったことになりました。
 作りこみや設備を過剰にせず、毎日100%使いこなせ、今の自分に寄り添う住宅は、ぴったりサイズの洋服のように心地よいものです。

リノベーションをすることにより、同時期に同世代が購入した建物も住人も老朽化(失礼!)が進むマンションに若い世代や、SOHO利用をする人達が移り住み、異なる世代間のコミュニケーションが生まれ、それぞれが見守り合いながら生活していけるのはすばらしいことと思います。
 一戸一戸の小さなリノベーションがこのようなコミュニティを形成していくのだ。との思いを込め設計をする今日この頃です。

【すずき かおり】

関東学院大学 工学部 建築学科 環境デザインクラス卒
1996年 エル・ケー・デザインオフィスを聶立東と設立。
住宅から店舗、ランドスケープまで内部・外部空間のデザインに幅広く従事。

【公式サイト】
LK design office