住宅ローンの基礎知識 ● 融資の種類

返済方法の種類

  返済方法 その他
元利均等返済
  • ・毎回の返済額(元金+利息)が一定となる方法。
  • ・返済額が一定なので長期にわたるライフプランがたてやすい。
元金均等返済と比較すると融資(借入金)残高の減り方が遅く利息が嵩み、総支払額は多くなる。
元金均等返済
  • ・毎回返済する元金が一定で、残元金に対する利息を上乗せして支払う返済方法。
  • ・毎回の返済額(元金+利息)は、返済が進むにつれて少なくなっていく。
元利均等返済と比較すると、融資(借入金)残高はより早く減少し、総支払額は少なくて済む。
元金均等返済よりも、当初の返済額が多いため、必要月収が高くなり、融資額が少なくなってしまう場合もある。

※ 一部金融機関では、取扱不可

毎月返済・
ボーナス併用返済
  • ・毎月のみ支払っていく方法或いは毎月に加えてボーナス時に多く返済していく方法を選択する。
  • ・返済額を計算するときは、融資額全体を毎月返済分とボーナス返済分に分けてそれぞれ計算する。
  • ・「ボーナス併用返済」の場合のボーナス部分は、フラット35や住宅金融支援機構財形融資の場合は、融資額全体の40%以内。
  • ・融資額全体の50%以内となっているケースが多い。
一部繰上返済
  • ・ローン残高の一部を約定日前に返済することによって返済期間を短くしたり、その後の毎回の返済額を減らしたりすることをいい、支払利息を軽減できる効果がある。
  • ・「期間短縮型※1」と「返済額軽減型※2」がある。

※1「期間短縮型」は、返済期間を短くする方法。

※2「返済額軽減型」は、返済期間を変えずにその後の返済額を減らす方法。

  • ・返済期間を短縮する「期間短縮型」と返済期間を変えずに毎月の返済額を減らす「返済額軽減型」があるが、同じ金額を繰上返済する場合、「期間短縮型」の方が利息軽減効果は高い。しかし、「期間短縮型」では、現在返済中の返済額そのものは少なくならない。家計の支出増加や収入減少、金利上昇による返済額のアップにより毎回の返済が厳しくなったときは、返済額を軽くする「返済額軽減型」を選ぶのがよい。
  • ・繰上返済手数料が必要となる場合がある。手数料の金額は、金融機関やローンタイプ・繰り上げ返済の方法によって異なるが、1回あたり数千円から3万円程度(無料の場合もある。)。将来繰上返済を頻繁に行う予定なら繰上返済手数料についても考慮が必要。