• ホーム  >  
  • 住宅ローンの基礎知識(適正な購入物件予算の考え方)

住宅ローンの基礎知識 ● 適正な購入物件予算の考え方

購入物件予算の適正額とは、預貯金から頭金と諸費用にあてられる金額に、親からの援助を受けることができれば、その金額と無理なく返済できる借入金額を加算した金額となります。

具体的にどういうこと?

預貯金から住宅購入にあてられる金額

頭金をより多く準備できれば、購入額を低く抑えることができますし、(返済に無理のない範囲で)購入物件の選択の幅も広がるでしょう。
 しかし、預貯金をすべて頭金にあてるわけにはいきません。購入時及び購入後には税金や手数料などの諸費用がかかります。病気やケガ、出産や子供の進学のための費用も残しておく必要があります。

目安として

  • ・諸費用・・・購入金額の10%程度
  • ・予備資金・・・生活費の3か月から6か月分程度

を考えておく必要があります。

親からの援助

購入時に親からの資金援助として贈与や借入れが受けられる場合は、購入予算に組み込むことができ、余裕が生まれます。

方 法

(1)贈与
住宅取得資金としての贈与を受ける。
(2)借入れ
一定の条件の下、借入金を受ける。(注1)
(3)共有登記
親からの資金を親の持ち分として共有登記する。(融資申込先によっては、共有する方が申込本人と融資住宅に同居する方であることや共有する方の共有持ち分に抵当権を設定するなどの場合がありますのでご確認ください。)

(注1)借入れの場合には、金銭消費貸借契約書あるいは借用書を作成し、預貯金口座間で返済実績を残すなどしてない場合、贈与とみなされる場合があります。

借入金額の考え方

借入可能金額まで借り入れるのではなく、無理なく返済できる借入金額を借り入れることが重要です。
 無理なく返済できる借入金額とは、年収、家族構成、ライフスタイルにより家計消費が異なることを考慮して算出した金額です。

購入物件予算の考え方のポイントとなるもの

  1. 1. 預貯金から住宅購入にあてられる金額
  2. 2. 親からの住宅資金の贈与額・借入金額
  3. 3. 借入可能額と無理なく返済できる借入金額とのいずれか少ない金額
  4. 4. 諸費用

予算を割り出してみよう

1. 預貯金から住宅購入にあてられる金額
万円
2. 親からの住宅資金の贈与額・借入金額
万円
3. 借入可能額と無理なく返済できる借入金額とのいずれか少ない金額  
万円
4. 諸費用
万円
イメージ図
住宅ローンの基礎知識

当協会のホームページでは、プライバシー保護のためにSSLによる暗号化通信を実現しています。