住宅ローンの基礎知識 ● 用語集

ら 行

リテール

【英】retail(⇔wholesale)
金融においては、個人を中心とした小口取引を指す。
 近年、金融機関では、バブル崩壊後の法人等を対象とした大口取引部門の収益悪化や不良債権処理の必要性等を踏まえ、小口であってもより安定的な収益の確保が期待できる「リテール部門」に力を入れているが、その中核商品として住宅ローンが位置付けられている。

連帯債務者

連帯して債務(ローン)の返済をする人。
 連帯債務とは、1つの債務(ローン)に対する連帯(共同)責任であり、例えば、A・B両者が連帯債務者として2,000万円の住宅ローンを借りた場合であっても、Aの責任は半分の1,000万円に按分されるというものではなく債権者に対しては、あくまで債務全額の2,000万円について返済責任を負うこととなる。 なお、民間住宅ローンの場合、連帯債務は認められない場合が多い。

連帯保証人

債務の保証をする人(法人)。民法上、保証人には「保証人」と「連帯保証人」があるが、住宅ローンの場合「連帯保証人」とされる場合がほとんどである。
 連帯保証人には催告の抗弁権(「先にローン借入者に請求せよと言える権利」)および検索の抗弁権(先にローン借入者の財産を差し押さえよ」と言える権利)がなく、事実上、借入者とほぼ同等の義務を負うこととなる。